学会ご参加のお礼

このたびは全国各地から、第13回・札幌大会にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
今年から「メンタルヘルス運動指導員」の資格が新設され、受講者のみなさまには初日から熱心に参加していただきました。2日目の学術集会では「スポーツ精神医学の実践と浸透」のテーマにふさわしく、臨床に直結した興味深い実践報告を多数ご発表いただきました。親睦会と最終日のフットサル大会では、大いに親交を深められ、大変充実した大会となりました。

3日間を通じまして総勢160名ほどのご参加を戴きました。不行き届きな点も多々ございましたが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。今大会が、今後のスポーツ精神医学の発展につながることを心より願っております。

末筆ながら、みなさまのご活躍・ご発展を祈念し、また、スポーツ精神医学が今後ますます実践され、スポーツ界に浸透して行くことを願いまして、御礼と代えさせて戴きます。2016年の東京大会で、再びみなさまとお会いできることを心より楽しみにしております。ありがとうございました。

第13回日本スポーツ精神医学会総会・学術集会
大会長 井上 誠士郎
(特定医療法人朋友会 石金病院)

開催概要

【テーマ】

スポーツ精神医学の実践と浸透

【会 長】

井上 誠士郎(特定医療法人朋友会 石金病院 精神科医師)

【事務局】

三好 義弘(特定医療法人朋友会 石金病院 事務長)
高谷 澄恵(特定医療法人朋友会 石金病院 医療相談室室長) 

【会 期】

2015年9月4日(金)~ 9月6日(日)

【日程・会場】

 
9月4日(金) 9:30~18:00 第6回メンタルヘルス運動指導士資格認定講習会および理事会 【会場】
北海道立道民活動センター「かでる2・7」
住所:札幌市中央区北2条西7丁目 
TEL:011-204-5100
9月5日(土) 9:30~17:30(予定) 第13回総会・学術集会 【会場】
札幌サンプラザコンサートホール
住所: 札幌市北区北24条西5丁目 
TEL:011-758-3121  FAX:011-758-3123
18:00~20:00(予定) 懇親会
9月6日(日) 10:00~13:00 フットサル交流会 【会場】
フットサルスタジアム「蹴(syu)」
住所:札幌市東区北42条東19丁目 
TEL:011-787-8721

【後 援】

公益財団法人北海道体育協会/一般財団法人さっぽろ健康スポーツ財団/一般社団法人札幌市障がい者スポーツ協会/札幌市医師会/北海道大学大学院医学研究科精神医学分野/北海道医師会/公益財団法人北海道精神保健推進協会こころのリカバリー総合支援センター/公益社団法人北海道作業療法士会/公益財団法人北海道障害者スポーツ振興協会/北海道精神神経学会 
(敬称略、着順)
※詳細は随時、ホームページ上に掲載して参りますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

プログラム

演題募集

抄録原稿(A4版、半ページ)は、下記の抄録原稿要綱に従い作成し、にWordの添付ファイルにてお送り下さい。
※演者は2015年度会費および本学術集会参加費を納入した会員に限ります。
※共同研究者は研究の全般に関係し、研究内容に責任が持てる方に限ります。
※本学術集会では、参加費に発表抄録代を含みます。

【発表抄録の締切日】

2015年6月10日(水)必着(送付先:

【発表抄録の締切日】

一般演題の抄録は、例年通りA4版の半ページに一演題を掲載する形式です。
作成にあたっては、次の順序で記載して下さい。
  • 35文字以内の演題名
  • 演者名:発表者の前に○を付けて下さい。
  • 所属:複数所属の場合は右肩に1) 2) などを用いて区別して下さい。
  • 抄録は600字以内とします。
  • 抄録の書き方は分野によって書きやすい形式で結構ですが、予備的結果でも結論が分かるように記載して下さい。
    「~について論ずる予定である。」などの記載はなるべく避けて下さい。
  • 抄録集には掲載しませんが、連絡担当者のお名前と連絡先を、A4用紙の下部に記載して下さい。
  • 6月末までに演題申込受付に関する連絡が届かない場合、ご面倒をお掛けしますが、下記の問合せ先までご一報下さい。

参加費

参加費のお支払いは当日受付いたします。

 【学術集会参加費】

一般 5,000円
学生 2,000円
賛助会員 10,000円
ただし、メンタルヘルス運動指導士の資格認定講習会は、事前申込みと受講料が必要。

 【懇親会参加費】

一般 5,000円
学生 1,000円
賛助会員 5,000円

日本スポーツ精神医学会認定 資格制度

日本スポーツ精神医学会認定 資格制度の詳細は下記PDFでご確認ください。